チームプレイとしてのM&Aアドバイザリー(FA)の仕事(前編)

M&Aとキャリア
この記事は約4分で読めます。

M&Aアドバイザリーのうち、フィナンシャルアドバイザー(FA)の仕事は証券会社の看板を背負ったチームプレイです。

ここでいうチームプレイとは、一般的には「ディレクター、VP、アソシエイト、アナリスト」から構成される複数人で役割分担をして案件に取り組むという意味です。

同じ証券会社のビジネスでも、マーケット部門の仕事は個人プレイ的(当然ながら厳密には組織として仕事)になることもあるようですが、投資銀行部門の仕事はその複雑さ・特殊さ故にチームプレイで対応しているはずです。

クライアント側も「●●社のチームがアドバイスしてくれている」という認識になっており、チームでサポートをされているという感覚をお持ちのことと推察します。

今回から、チームプレイとしてのFAの仕事を色々と考えていきたいと思います。

FAの仕事がチームプレイなのはなぜか?

1.クライアント側もチーム(組織)として案件に対応するから

FAの仕事が複数人のチームでなされる理由の1つ目はクライアントである事業会社側も原則として複数人のチームを組んで案件対応するからでしょうか。

要はチームにはチームで対応するというイメージです。

なお、事業会社がチームとして案件に対応するのは次のような理由からでしょうか。

(1)お金の面

M&Aは会社として動かすお金が比較的大きくなる傾向にあります。他社を買収しようとか他社に会社・事業を売却しようとなると基本的にBS・PL・CFに相応のインパクトのある規模の話になるケースが多いと思います。

この点で、同じ証券会社が絡むビジネスであるところの、上場株式や債券(流通もの)を買うという話とは異なるでしょう。”流通もの”は売却や満期償還でキャッシュ化することができますが、M&Aで会社を買収する場合、それを売却してキャッシュ化することが目的なのでは無く事業シナジーを生み出して利益・キャッシュフローを上げることが目的で良くも悪くも長きに亘り会社へ影響し続けます。

(2)検討期間と体制の面

仮に上場株式や債券を買うという場合、どんな銘柄を買えばいいのかという検討をするとしても、基本的に予算的な枠組みの中で会社としての投資方針に沿った銘柄を買うはずで、それほど検討期間を要するわけではないと感じます(これはやはり容易に換金できる市場がある、というのが理由のひとつでしょうか)。検討体制という意味でも、財務部等の規定の検討部署のメンバーがルールの則り進めていくところでしょうか。

ところが、M&Aの場合、その検討期間は短くても数ヶ月を要しますし、長いものでは1年を超える検討期間になることもあります。

また、検討体制という観点では、専門のM&Aチームを自前で持っていない場合、企画や財務そして事業部のメンバーが本業の傍ら検討するというケースが多いのではないでしょうか。いずれにせよ、多数のメンバーが検討に参加するという意味で財務的な投資とはだいぶ異なるはずです。

2.FAとしてやるべきことが多岐に亘るから

M&Aアドバイザリーの仕事の場合、FAとしてやるべきこともたくさんありますので、それを全て一人でこなすのは現実的ではありません。フルスコープのFAとしてやるべき主な仕事を挙げてみると、

  • プロジェクト管理(スケジュール管理)
  • ストラクチャー策定
  • DDのコーディネート・進捗管理
  • 企業価値評価(Valuation)
  • 交渉方針の策定・実際の交渉サポート
  • 各種ドキュメンテーション
  • IR対応(株主対応)・取引所/財務局対応等の外部対応サポート

という具合になります。

半ば雑用的なDDサポートから、ストラクチャー策定、Valuation、そして交渉等が並行して走りますので、チームでなければ対応できないでしょう。

3.協働・競合する他の証券会社もチームだから

最後に、当事者であると以外と忘れがちなのですが、案件で協働したり競合するFAである他の証券会社のM&Aアドバイザリーもチームとして対応します。

事業会社は何度もM&Aを検討することが多くなってきており、

「あの証券会社のチームは良かったけど、あちらの証券会社は二度と起用したくない」

なんて思われてしまうケースもあるように聞きます。

超人であればひとりでFAの仕事をこなせるかもしれませんが、やはり業界としてチームで仕事するのが当たり前というところでは、優秀な複数人のチームには勝てないわけです。

(次回に続きます)

チームプレイとしてのM&Aアドバイザリー(FA)の仕事(後編)
今回は前回に引き続き、チームプレイとしてのM&Aアドバイザリーの仕事について考えていきましょう。 (前回の記事) 前回はM&AアドバイザリーのFAの仕事がチームプレイになる理由を探ってみました。 今...
error:Content is protected !!